バッテリーターミナルのメンテナンス

前回のブログ以来、おかしな現象は起きていないのですが、
念のためバッテリーのメンテナンスをすることにしました。
・・・と言っても、道具もなにも持っていないのでまずは道具集めです。わーい(嬉しい顔)

DSCN2906.jpg
よーすけさんから教えていただいた、ワイヤブラシ、5-56をオートバックスで購入してきました。
ワイヤブラシは2個セットで300円、5-56は500円くらいです。

DSCN1513.jpg
↑ブレイザー装着のバッテリーはATLASというメーカーのものです。
いつバッテリー交換したのか不明ですが、
ブレ購入以来、1度も交換していないので少なくとも2年経過しています~あせあせ(飛び散る汗)

DSCN2912.jpg
↑ターミナルボルトを外してみると白い粉っぽいのが付着していました。
ワイヤブラシの出番です!擦って粉を落とします。

DSCN2930.jpg
↑その後5-56を吹きかけます。
あとは、取り外しと逆の手順(+・-の順)でターミナルをバッテリーに接続します。

初めてなもので、手順・方法があってるのかわかりませんが、
なんと!エンジンをかけてみるとブォ~~ン!と勢いが増したような気がします。
電圧のメーターも1メモリ程度あがってる気が・・・グッド(上向き矢印)
あと、気になっていたメーターのチカチカも解消されているような・・・
(これは夜乗ってみないと分かりませんが・・・夜
鈍感な僕でも違いが感じられたので、ターミナルボルトのメンテ効果って凄いなぁ。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ブレ購入時に購入した整備本「クルマの整備はむずかしくない」を見ながらいじってたんですが、
ターミナルボルトの交換ってどうすれば良いのでしょうか?
イマイチよく分かりません~。。。(サイドターミナルについては書いてないんです)
ターミナルボルトって引っ張れば、すぽっと抜けるもんなんでしょうか??
押しても引いても抜けるような感じがしなかったので・・・ふらふら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. よーすけ より:

    お!イイ感じの腐食具合でしたね。(笑)調子良くなったみたいでヨカッタです。あの白い粉は抵抗になり、電流の妨げになりますから見つけたら除去すると良いですよ。例の症状も直るとイイんですが・・・。
    後、ボルトね~。なかなか抜けないんですよね。確か赤いゴム製のケーブルカバーの中にちょっと特殊な座金が仕込んであります。そいつが邪魔をしてるんでしょう。でも、腐食して痩せたり折れたりしてないのであれば交換はあまり考えなくて大丈夫ですよ。
    メンテナンスも覚えた事ですし、ちょこちょこ見てやればOKです。

  2. サバ57_7 より:

    確かにボルトは抜きにくいでしょうねぇ・・・

    ボルトの頭側から見ると、引っ張りながら左にまわさないと抜けてきません。
    これ、結構難しいです。

    よーすけさんの書き込み通り、ボルトそのものに損傷がなければ、そのまま清掃とグリスアップとで長期間の使用に耐えますよ。
    この白い粉ですが、バッテリーからの蒸発してくるガスと、ターミナルの鉛そのものの腐食ですが、ボルトとバッテリーターミナルの材質が違うとイオン化傾向の違いで電蝕してやせてきます。

    まぁ、オイル交換の時くらいに外して確認して清掃・グリスアップでいいですよ。
    このときのグリスに銅入りのものを使うと完璧です。
    普通のグリスだと、油膜で電流の通り道が遮断されてしまいます。これ、私の国では良くあるのですよ、ホント・・・
    バッテリーを取り付けたあとにグリスを塗ればいいものを、取り付ける前に塗って始動不良ですから、すごいです、この国のメカニックの知ったかぶりは・・・

  3. よーすけ より:

    そういえば、先日のブログでサバ57_7さんがおっしゃってた「エレクトロルーブ」ですが、5-56をリリースしてる呉工業さんから接点復活剤スプレーとして出てますよ。ホームセンター行けばあるはずです。

  4. 匿名 より:

    よーすけさん、ありがとうございます。これですね。
    http://www.autobacs.com/shop/g/g4972444010470/

    でも、これではなく、
    http://www.gentrade.co.jp/Elec/ELECTROLUBE.html
    こっちの液体版なのですが、業務用しかないようです。
    皮膜になると電気を通すというのがミソとのことで、変わった液体です。
    カーボンになる成分がないので、いいようでしたが、ないものはどうしようもないですから、代替え品を探しているところです。

    今のところ、浸透性が必要ない部分は銅グリスですね。
    でも、浸透性が必要なところは不可能ですから、いいのないですかね?

  5. サバ57_7 より:

    すいません、名前が抜けてました。
    上のは私です。

  6. シボラー より:

    ブレ55さんこんばんは!自分も含め皆さんバッテリー関係のお話が増えている様です^^
    グリス一個にしましても色々な物はある様でほんと勉強になります。自分のオプティマも今後の事を含め充電器を購入するか只今検討していまーす。

  7. ブレ55 より:

    よーすけさん、こんにちは!
    教えていただいたメンテナンス効果絶大でした!
    前にブログで書いた以来、奇妙な現象は起きていないので一安心です(^^;)
    白い粉こびりついてなかなか綺麗に取れないですね~
    ・・・って、今までメンテナンスをしていなかったからでしょうか。。。
    今度からは定期的にチェックしようと思います!
    ターミナルボルトの交換はコツがいるんですねー
    押しても引いても外れそうになかったので、疑問に思っていたんです。
    ありがとうごうざいました(^^)v

  8. ブレ55 より:

    サバ57_7さん、こんにちは!
    ボルトは引っ張りながら左に回せばはずれるんですね!
    ゴムカバーにぴったりはまってる感じだったので、
    どうやったら取り外せるのか疑問だったんです~(^^;)
    次にバッテリー交換するときは自分でやってみたいなー、と思っていたので
    そのときはターミナルボルトも一緒にできたらな~と。
    ・・でも、バッテリーの廃棄などを考えると
    購入&廃棄できるところでやって貰う方が良いのかもしれませんね(^^;)

    教えていただいた銅入りグリス購入したいと思っているのですが、
    バッテリーを取り付ける前にグリスを塗らないといけないのでしょうか?
    取り付ける前だと始動不良になる可能性も有るんですね・・・
    知識がないのでちょっと不安です~。。。
    いつもありががとうございます!

  9. ブレ55 より:

    シボラーさん、こんにちは!
    シボラーさん、よーすけさん、サバさん3人さんオプティマバッテリーなので
    次回は絶対オプティマ~と思っています(笑)
    今回初めてバッテリーのメンテナンスをしたのですが、
    凄く効果があってビックリしちゃいました(^^)v

  10. サバ57_7 より:

    こんにちは。

    バッテリーメンテナンスの効果が絶大で何よりです。

    銅グリスはターミナルを取り付ける前に塗っても全く問題ないですよ。
    銅は常温において電気を世の中で3番目に良く通す金属ですからね。しかも、他の2つのものに比べて安い! のでした。

    普通のグリスは取り付け前に塗ってはダメです。電気を通しませんから・・・
    単なる腐食防止にしかなりません。

    あと、ボルトの掃除ですが、同じサイズのナットを買ってきてグリスを塗ってから回して通すと結構綺麗になります・・・、が、アメ車はインチネジがあちこちに使われているので、売ってないかも・・・、知れません。

  11. ブレ55 より:

    サバ57_7さん、こんにちは!
    銅グリスは取り付ける前でも大丈夫なんですね!それを聞いて安心しました(^^)
    サバさんの国のメカニックの方、、、困っちゃいますね。。。
    メカニックが言ってるんだから大丈夫と思ってたのに・・・ってことになりそうな(苦笑)

    ボルトの清掃についてもありがとうございます!
    オートバックスに行ったときに探してみようと思います(^^)v

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)