ノルディスク ユドゥン初めての組み立てに挑戦。

先週の休みに、近くの公園にてノルディスク ユドゥンの組み立ての練習に行ってきました。
いままでアウトドアっぽいことすらしたことないし、
初回で成功できる自信もないので、いざキャンプへ!となったときの準備です。

組み立て手順はネット調べてたので、なんとなく理解。
四隅にペグを打って、ポールを立てて、それぞれのロープを張れば良い。という感じだったので、
そんなに覚えることもないのですが、僕のことなんで時間かかるんだろうなー。(汗

駐車場に到着した際に、こちらを微笑みながら見ているお父さんがいるなーと思っていたのですが、
お兄ちゃんの機嫌も悪いし、
駐車場から公園までの距離ユドゥンのテントを背負って運ばないといけないしで、
心に余裕もなく、とりあえず公園へ移動。

ノルディスクを持ってる方に、練習場所で教えてもらった公園なので、
テントを立てる場所に困ることもなく、場所もすぐにきまりました。
それでは・・・ いざ組み立てです!!

まず、グランドシートを敷きます。
(雨・水からテントが汚れないような役割だそう)
これはアマゾンで、3000円くらいだった気がします。
ちょうどユドゥンと同じサイズのものがあって、これだ!と思ってポチったものです。

と、グランドシートを敷き終わったところで、
「今からテント立てるんですか? ノルディスクですよね!」と
公園到着したときにこちらに微笑んでくれていたお父さんが声をかけてくれました。
ただ、テントを立てることで余裕がなかったので、何のおかまいもできず申し訳なかったなーと。
その方はよくキャンプをされるそうで、使用した道具を乾かしにこの公園を利用されてるそうです。

おっと、話が脱線しましたが、テント組み立てに戻ります。
まず、ユドゥンの付属品に足りないものがないかチェック。(ようやく)
個人輸入でドキドキでしたが、全部揃っていました!

ユドゥン付属のペグをスノーピークのハンマー(これもネット購入)で
四隅に打って〜・・・ポール立てて・・・と、なんとかですが形になりました。

長い枝やら、棒やらが好きみたいで、こんな感じで遊んでいます。(笑

上手いもので、トントントントンとヒットさせてました〜。

所要時間40〜50分位。
早い人だと20分位で作れると聞いていたので、倍です。倍。(汗)
そして、超汗だくです。

そして、1本ペグをバナナのように曲げてしまいまして、
我ながらハンマーの使い方が下手くそ〜とショック。。。次回はもっとうまくやるぞー。


完成したノルディスク ユドゥンはこんな感じです。小さな家のような形になります。
(あっ、仮組み立てだったので、全部の箇所ペグしていません〜)


前・後ろどちらからでも出入りできて、入り口は全面メッシュで風通しすることも可能です。

コットンテントの陽の入る感じがやっぱり綺麗!
ユドゥンにしてよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ブレスケ より:

    おぉ~!早速張ってみたんですね!それにしても良い場所ですね

    生地が明るいから、テントの中が明るくて良いですねー!

    緑のテントだとどうしてもそれだけで中も暗く見えちゃいますもんね
    早い人は20分かぁ、時間かかっても僕からしてみたら一人で建てちゃうこと自体が凄いなぁと思います!

    ペグ打ちは腰つきの良いお兄ちゃんに任せましょう!曲げずに打ってくれるはず!?(笑)

    • ブレ55 より:

      ブレスケさん、どうもです!
      中身のチェックも含めて、初張りしてきましたー(笑)
      休日だったのですが、遊具がないため、かなり空いてまして広々と使えました〜

      ノルディスクとても明るかったです〜
      コールマンやスノーピークのほうが、使い勝手はきっと良いんだろうなーと思うのですが、
      それよりもこのテントのある空気を楽しみたい!という気持ちが勝ちゃいました(笑

      何をおっしゃいますやら!
      マメなブレスケさんなら器用にこなしちゃうはずです!
      あと何年もしたら、ペグ打つから邪魔どいてー。とか言われるんだろうな(汗)